EB6p39IXoAEreNi2.jpg
D1G2ZWGVYAAyV8a2.jpg
EHTqea1VUAAmLYQ_edited.jpg

TOPICS

2021年度引退部員挨拶

 2021年度春季リーグ戦の終了をもちまして、4年生11名が引退することとなりました。なお、4年生1名については、秋季リーグ戦まで活動を続けます。

 以下、引退する部員のコメントです。



佐野 僚

 まずは滋賀大学野球部を応援してくださった全ての皆様ありがとうございました。また小倉先生、田中部長三年間本当にお世話になりました。

 今季はAクラス以上を目標にやってきましたが、6位という結果に終わり非常に悔しい気持ちです。僕自身結果で引っ張れるような主将ではありませんでしたが、自分のプレーや姿勢を見て後輩たちが何かを感じてくれていれば幸いです。来季は三回生の代が柱となり、今季達成できなかったことをやってのけてくれると信じています。今後とも滋賀大学硬式野球部の応援をよろしくお願いします。



多和田 唯月

  この度、滋賀大学硬式野球部での大学野球生活を終えることとなりました。最後のリーグ戦ではチーム目標を達成できませんでしたが、引退した今はやり切った気持ちが大きいです。僕は、正捕手として1部で3シーズン、2部で2シーズン戦い、チームが勝つために必死で頑張ってきました。小倉先生や先輩方から指導を頂きながら、成長できたと思います。後輩たちは僕たちの代でも中心としてチームを引っ張ってくれた部員が多く、頼もしいです。1部の舞台で戦うことが当たり前になりつつある滋賀大学硬式野球部を、次は1部でAクラスに食い込めるチームに押し上げてほしいです。心から応援しています。がんばれ!

 OBの方々や、こうしてホームページをご覧になって気にかけてくださる皆さま、いつもご支援ご声援ありがとうございました。これからも何卒よろしくお願いいたします。

最高の大学野球生活を最高の仲間と送ることができました。ありがとうございました!!



野間 一哉

 令和3年度春季リーグ戦を終えて滋賀大学硬式野球部を引退することとなりました。チームの幹部として、野球部の主務として例年にない未曽有の状況の中活動していき、多くの方々の支えがあり、活動が続けられていることを改めて感じることができました。日頃より滋賀大学硬式野球部を応援・支援していただいております皆様、本当にありがとうございます。今後ともOBの方々をはじめご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。この大学野球での経験を社会に出てからも活かしていきたいと思います。



乾 凛久登

 今まで応援ありがとうございました!この野球部での経験は、これから先の人生で十分に生かして、立派な社会人になれるよう努力していきます。また、今後も滋賀大学硬式野球部の応援の方、宜しくお願い致します!








山口 真長

 多くの方に支えられ、4年間の大学野球をやり切ることができました。この中でもプレイヤーとして1部リーグ昇格に貢献できたことは自分にとって大きな自信になりました。こういった経験ができたのは人に恵まれたからだと思います。チームメイトや関係者の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。






大石 京佑

 様々な方々のご支援のおかげで4年間の大学野球をやりきることが出来ました。有難うございました。私自身、先輩、後輩、同期に恵まれ、充実した大学野球生活を送ることが出来ました。滋賀大学野球部で学んだことを活かし、社会人としても頑張ります。







九渡 奨規

 小学校1年生から始めた約16年弱の野球人生が終わりました。大学野球は高校までの活動より、さらに主体的に活動するので難しくもあり楽しくもありました。試合に出ることができたりできなかったりで、なぜ出られないのか必死に考え、原因を突き止めどう工夫して改善していくかという作業は大変でした。

 最後2年間はコロナウイルスの影響で合宿、試合さらには練習すらできない状況が続き、出来たはずの思い出がなくなったと残念な気持ちです。一身上の都合により同回生と一緒の試合で引退できなかったのが1番の心残りです。大学野球みんなと一緒に活動できて楽しかったです。ありがとうございました。



辻本 旭

 まず初めに、小倉先生、OBの皆様方、約三年間ご指導、ご支援頂きありがとうございました。引退した現在、やり切った達成感ともう、みんなと野球をすることができないことからくる寂しさ、二つの感情が入り混じっています。入れ替え戦で勝利し、一部に昇格したことや一部で私立大学に競り勝ったことなど、自分が試合に出ている、出ていないに限らず日々、共に練習してきた仲間と勝ち取った勝利は格別でした。先輩、後輩、そして同期の4回生全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。これからはOBとして、滋賀大学硬式野球部の活躍、飛躍を楽しみにしております。本当にありがとうございました。



藤田 翔大

 まず初めに、滋賀大学硬式野球部を応援して下さる皆様、いつもありがとうございます。また、私が彦球会担当としてお世話になった西村様や松井様にはとても感謝しております。ありがとうございました。

 さて、私はこの日をもって滋賀大学硬式野球部を引退させていただきます。私が所属したこの約3年間は、一言で表すと「幸せ」でした。この間に、2部降格や2部優勝、1部昇格、1部残留と色々な経験をさせていただきました。この経験をできたのは、共に汗を流し、時には言い争い、研磨し合った仲間と、野球の理論や考え方、データの大切さを教えて下さった小倉先生と出会うことができたからだと思います。そして、私自身を成長させてくれました。特にこの野球部の環境で学んだ、「人間性」や「協調性」、「積極性」を今後の人生において最大に発揮していこうと思います。

 改めまして、この3年間私の周りで関わって下さった方々、ありがとうございました。最後に、OBの方々をはじめ、滋賀大学硬式野球部を応援して下さる皆様、今後とも後輩達にご声援のほど、宜しくお願いします。



鈴木 暖人

 野球部にはいってよかったです。










黒田 美来

 少年野球から野球を始めて、大学で初めてマネージャーを経験しました。日々の練習のサポートに加え、何十試合ものスコアを書いて、偵察に行ったり、慣れないアナウンスに苦戦したり、辛い事も多かったですが、振り返ってみると、身になる経験ばかりでした。滋賀大は、トスやマシーン等、マネージャーが練習中にサポートできる機会が多く、他大学の話を聞いていても、グラウンドで任せてもらえる仕事が多いです。プレイヤーだった私にとってその点はとても楽しく、やりがいがありました。毎日毎日選手と同じグラウンドに行き、練習をこなし、その分試合に負けたり、目標達成できなかった時はとても悔しかったです。マネージャーは直接勝利に貢献する事はできませんが、滋賀大のみんなはその思いを乗せて戦ってくれていたので、最後悔いは残りませんでした。

 そして何より同回生に恵まれました。11人のおかげで無事に引退を迎えられたと思っています。みんなと出会い、大学生活の殆どを一緒に野球に費やせたことは、私の大きな財産になりました。先輩方、後輩にも恵まれ、私と関わってくださった全ての人に感謝の気持ちでいっぱいです。この滋賀大学硬式野球部で過ごした時間と経験を胸に、これから社会人としての生活でも活かしていきたいと思います。そして、これから先も野球に携わり続けていきたいです。4年間ありがとうございました。


Twitter

  • Twitter